千と千尋の神隠し


小学4年生10歳の少女、荻野千尋(おぎの ちひろ)はごく普通の女の子。夏のある日、両親と千尋は引越し先の町に向かう途中で森の中に迷い込み、そこで奇妙なトンネルの入り口を見つける。

入り口を見て嫌な予感がした千尋は両親に「帰ろう」と縋るが、両親は好奇心からトンネルの中へと足を進めてしまった。仕方なく後を追いかける千尋。

出口を出た先に広がっていたのは広大な草原の丘だった。地平線の向こうには冷たい青空が広がり、地面には日本の古い家が埋まっていて瓦屋根が並んでいる。

先へ進むと誰もいないひっそりとした町があり、そこには食欲をそそる匂いが漂っていた。匂いをたどり両親は店を見つけ、そこに並ぶ神々の料理を食べ始めてしまう。

すると両親は豚になってしまい、一人残された千尋はこの世界で出会った謎の少年ハクの助けで、両親を助けだそうと決心する。八百万の神々が集う湯屋・「油屋」の経営者、湯婆婆に雇用を願い出ると湯婆婆は己の名前を奪い、「千」という新しい名を与える。

千尋は油屋の下働きとして働きながら、自分を苦しめる様々な出来事に遭遇しつつも、ハクや同僚のリンの助けを借りて、懸命に立ち向かい成長していく。(Wikipedia






TOPへ戻る