もののけ姫


かつて(物語の時点から500有余年前)大和朝廷に滅ぼされた蝦夷の豪族の末裔である少年アシタカは、突然現れた「祟り神」にかけられた呪いを解くため、遠く西方にあると言う神々の住む山を目指して旅立つ。

そこで彼が見たものは、森を破壊しながら必死に生きるタタラ製鉄集団と、人語を解する獣達〜荒ぶる神々〜「もののけ」、そして山犬(狼)と共に生きる少女サン(もののけ姫・山犬の姫)であった。

やがて山を守ろうとする神々と、神々の神である「獣神」(シシガミ)を倒そうとする人間達の壮絶な戦いが始まる。

人間達の軍隊は長年かかって備えてきた石火矢や鉄砲で、数において勝る神々を打ち破っていく。そして獣神の首を討ち取った時、神によって世界が崩壊していく。Wikipedia





TOPへ戻る