ドラゴンボールGT

DRAGON BALL GT DVD BOX DBGT

七つ集めれば、どんな願いでも一つだけ叶えてくれる「神龍(シェンロン)」を呼び出すことができる、ドラゴンボール。それに関わる、様々な冒険物語。

原作漫画および『ドラゴンボールZ』共通の最終話から5年後の世界が舞台の完全オリジナル作品。タイトルにあるGTはDVD-BOX内の鳥山自身の記載によると「Ground Touring」の略であり鳥山明本人が命名したもの。

『ドラゴンボール』初期のように、冒険主体のストーリー構成となっているが迷走気味のストーリー展開や、既存のキャラクターの性格が変えられていたことなど、多くの不満意見も聞かれる。

だが、最終回は『無印』・『Z』を含めた名シーンを放送するなどクオリティが高いとされ、否定派の中にも高評価を下す者も多い。

ただ、最終回のストーリーをよく見ると悲劇的な内容を示唆しており「らしくない」や、「無理矢理『無印』・『Z』と繋げている」として逆に酷評の要因のひとつにする者もいるようである。(Wikipedia






TOPへ戻る